誰でも書けると思っていた

文章なんてモノは誰でも書けるモノと思っていた。

イラストやデザインはデッサンや配色、基礎セオリーが。
写真は経験から生まれる画角やライティングなどが。
音声や録音は完全に特殊技能、職人技といってもいい。
ウェブはデザインに加えて最先端のプログラムスキルと知識。

他のライターさんに失礼な話だが、文章は誰でも出来ると思っていた。
実際、小学生でも読書感想文や文集で十分書けている。

それに加えて2005年頃から起こったWeb2.0。
テキストサイトやブログで誰もが簡単に文章を書いて発信した。
そして今も増え続けるSNS。
日本ではMixiにはじまりFacebookやTwitter、LINEなど。
メールもそうだ。今やとてつもなく「文字文化」である。

CMなどのシナリオやストーリーは特殊技能だと思っていたが、
それ以外のライティングは誰にでも出来ると思い込んでいた。

ところが今年に入ってからかつてない程たくさんの人と会った。
そして言われたことは、

「文章はどうやったら上手くなるの?」

「文章が一番苦手なんだよね」

「出来れば文章は書きたくないんだ」

という、自分が長年思っていたことと真逆の話だった。

「でもみんなSNSで書いてるじゃない?文章書けてるんだよ」と言うと
ある一級建築士の友人がこう言った。

「だからこそ、今の時代、プロのライターの責任は重いよ」

これは刺さった。
文字が氾濫しているからこそ、上質な物を・・・か。

もっと自分の筆先を研鑽していこうと心に決めた。
遠く長い道程だけど、その責任は全うする。

Leave a Reply

CAPTCHA