プロフィール

 

気がつくと、僕の手のひらに乗っているのは、言葉だった。
文章を書く事が苦手で、夏休みの読書感想文も日記も、授業で書かされる作文も大嫌いだった。
なのに大学を出て歩き始めた僕が持っていたのは、言葉だった。
その言葉を使って、ラジオのCMを書いた。
初めてラジオのスピーカーから聞こえた言葉と文章と声と音に感動した。

ふらりふらりと歩きながら、
たくさんの人と出会い、
たくさんの言葉を紡いで文章を書き、
言葉を紡ぐ以外の技術も手にした。

Webサイトやチラシや名刺のデザイン、ラジオや音声の編集、
雑誌やタブロイド紙のレイアウト、zineやリトルプレスの制作。

それらを抱える僕の両の手はいっぱいになった。

だけど、その全てに、言葉が寄り添っていた。

歩き始めて、ずいぶん時間が経った。
気がつくと、僕の手のひらに乗っているのは、やっぱり言葉だった。

 

024-photo
37+c
 
 コピーライター 文章家

 大西 崇督(オオニシ タカヨシ)

 1975年8月20日 兵庫県出身

 

 


【略歴】

長崎県立大学卒業後、大阪を中心にラジオCMのコピーライターとして活動を始める。
決められた「文字数」ではなく、20秒や60秒などの決められた「秒数」に、
効果的なコピーやシナリオを書く技術を実戦で叩き込まれてきた。
2005年から2014年、RADIO HAAFUUのスタッフとしてWebやデザイン、ラジオの編集を手掛けた。
「音声」としてアウトプットされることを意識した文章は、語感やリズム、情感をまとう。

・ラジオやCD教材など音声メディア
・企業・製品紹介などのVP・動画
・企業や個人のWebサイト
・フライヤー・リーフレットなど紙媒体
などのライティングを手掛ける。

・㈱マックスライン 上席研修講師(文章研修担当)

・公益財団法人大阪市都市型産業振興センター 
 クリエイティブネットワークセンター大阪「メビック扇町」 クリエイティブコーディネーター

 

【参加プロジェクト】

「天満販売促進部」:コピーライター・アートディレクター・フォトグラファー・インテリアデザイナー・
            空間デザイナーで企業の販売促進を請負うビジネスチーム。

「Trigger」:イラストレーター清水敬二郎氏、フォトグラファー西村優子氏とのアートユニット。

「ハピニシブラザーズ」:イラストレーターハピネス☆ヒジオカ氏とのポッドキャストユニット。